Society5.0実現への取り組みInitiatives for Society5.0

Society5.0とは

Society5.0とは日本政府が提唱した目指すべき未来の社会像です。
Society4.0で提唱された情報社会では、クラウドに送られた大量のデータを人が解析していました。Society5.0ではIoTにより物と人からさらに多くのデータを集め、これらのビッグデータをAIが判断し、必要な時に必要な情報を人の手に届けます。これにより、人々は新たな価値を生み出し、活き活きと快適に生活出来る社会を実現します。

内閣府サイト:https://www8.cao.go.jp/cstp/society5_0/index.html

ダックスの取り組み

昨今はAIの導入が進み多岐にわたるソフトが開発されております。開発においても利用するシーンにおいてもハードウェアは不可欠な存在であり、当社は安定稼働する製品を供給いたします。当社の製品とサポートによって高付加価値なソリューションが生み出されることで、Society5.0の実現へ向けた貢献が出来ると考えます。今後、当社としてもオリジナルのソリューションや、新たな分野への進出をすることで、実現へのさらなる貢献を目指しています。

貢献事例

交通、移動

image駅の改札や空港のチェックイン機、案内ロボットなどに当社の製品が採用されました。このような業務を自動化することで人員削減を実現しました。
また、AIを利用したセキュリティシステムにも採用され、人とAIが協力し人々の安全を守っています。

医療

image記録装置や器具の判別など、人だけでは把握しきれない点を補助するソリューションに採用され、より信頼性のある現場作りを実現しております。

船舶

imageこれまで船員の知識や経験で行ってきた業務を、ソナーやレーダーシステム、電子海図システムを導入することにより、AIと人が協力する効率の良い船舶業務を実現しました。

ものづくり

imageテ具の判別や工作機械に当社製品が採用され、人がおこなっていた作業をより効率化し生産性を高めています。不良発生時のログや記録を残すことでより定量的に作業を分析し改善をすることが出来ます。

物流

image高性能PCがAGVや自動倉庫に採用されることで、物流倉庫や工場が少ない人数でより効率的な業務を実現します。